躁うつ病(双極性障害)

躁うつ病とは

現在は双極性障害と呼ばれます。

病的に気分が高ぶった状態である「躁(そう)」と、気分が落ち込んで意欲が低下する「うつ」の症状を繰り返す病気です。

一生のうちに双極性障害を経験する人は100人に1人程度とされているため、うつ病よりは少ないですが、決して稀な病気ではありません。

主な症状

躁(そう)状態の症状

  • 口数が増える。
  • 不思議なくらい気分が爽快。バリバリ仕事が出来る。
  • 夜、あまり眠らなくても平気。
  • お金の使い方が派手になり、借金をしたりする。
  • いろいろなアイディアが、次々と浮かぶ。
  • イライラしやすくなり、怒りっぽくなる。

うつ状態の症状

  • 憂うつな気分になり、やる気がなくなる。
  • いろいろな事が億劫になる。
  • 興味や関心がなくなる。

診断が難しい

双極性障害の患者さんのうち、3分の2はうつ状態の時に受診するといわれています。双極性障害のうつ状態の時の症状は、うつ病の症状と同じです。

一方、躁状態の時は患者さん自身は調子が良いと感じているため、病気だと思ってはおらず自分では受診しません。そのため、うつ状態の時に受診しても「症状」として医師に伝えません。

そのため双極性障害であっても、最初はうつ病と診断されることが多いのです。うつ病と診断されても「躁」の症状がないと分かるまで双極性障害の可能性がありますが、それが分かるためには数ヶ月以上の経過観察が必要となるため、診断が難しいのです。

また、患者さんは「躁」の期間よりも、「うつ」で過ごす期間の方が長いといわれております。

治療について

双極性障害のうつ状態とうつ病は、症状は同じですが異なる疾患です。したがって治療も異なります。

双極性障害の治療には、気分安定薬や抗精神病薬を用います。うつ病に使用する抗うつ薬は、基本的には使用しないとされています。場合によっては、睡眠薬を使用します。

精神療法は薬物療法と等しく重要であり、認知行動療法や心理教育が行われます。

双極性障害は、うつ病に比べると再発しやすい疾患です。「躁」の時には自分でも考えられない行動をとることがあり、それが原因で人間関係を壊れたり社会的信用を失うことがあります。

また双極性障害の患者さんは、自殺の危険性が少なくないことが知られています。躁からうつに転じたタイミングが危険であるといわれており、それは躁の時の自分の行動を激しく後悔して自責の念に駆られるからであると考えられています。

そのため、再発予防の治療が非常に重要となります。気分が安定していて症状がない状態でも、再発予防のための継続的な治療が必要となります。

about symptom
about clinic

アクセス

JR線新橋駅
日比谷口より徒歩2分

東京メトロ銀座線新橋駅
徒歩2分
※ B出口(霞が関・虎ノ門方面)がNFビルの前にあります

都営三田線内幸町駅
徒歩3分

診療時間・曜日

診療時間:AM10:00~PM7:00

× ×

休診日:土・日・祝日

診療科目

心療内科、内科、精神科

適応疾患・症状

統合失調症、気分障害(うつ病など)、不安障害(パニック障害など)、不眠症、認知症、その他、身体的疾患についてもご相談ください。

TEL:03-6206-6252
受付時間:AM10:00~PM1:00 PM3:00~PM6:00
土・日・祝日休診
pagetop